topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和龍死すべし - 2015.02.13 Fri

今後の惡事に活用せんと爆竹集めばかりに気を取られて居りましたが、
今年もレインボードラゴンフェスティバルが行はれて居るのですね。

788

私は既に龍神様と4枠のマリーちゃんが居る爲、普段通りブログ用の撮影に專念する予定で、
精々「和龍發見しました」アナウンスを耳にすると、周りのオーセラ人諸共消し炭に変えんと一暴れしに行く程度です。
この日はぶ厚いリノ湖の氷が不便さうだつたので、穴を開けて差し上げました。
皆樣、これでワカサギが釣れますね。これも和カサギと呼んだらどうでせうか。

それにしても「和龍」などと最初に言い出した戰犯は一体何方でせうね。
グランドラゴンの登場から早一年が經ちますが、未だに和龍呼ばはり…日本昔話の影響も大きいのでせうが、
龍はそもそも日の本産の生物では御座いません。

791

世界各地に珍しくない蛇への原始的な信仰、それを上書きする樣に隣國から伝来した龍や、
仏教やら絹の道を辿る途中で混ざつて來た各国の龍を複合して奉つて居るのが日本であります。

ではそもそも、この龍とは何であるのか簡単に謂へば、總ての生物の始祖の様な存在で、
蛇の胴體に、鹿の角、魚の鱗に、鷹の爪等々…樣樣な生物の部品がくつ附いてゐると謂ふか、
この龍から特徴を受繼ぎ派生したのが魚であつたり鳥であつたりするさうです。
こんなのが3頭無いし4頭居て、それらから今の生き物が生まれたとか、
確かそんな感じでした…概ねそんな感じではなかつたかな…あつてると良いな…。

眞面目にこの辺のお話が知りたい方は、
悪い魔法使い著「和龍死すべし 蛇信仰から現在の龍神信仰まで」をご購入下さい。

792

さう謂ふ訳でグランを和龍と呼ぶのは、
何でも我が御國が起源であると放言する隣國を見てゐる様で私の美學に反するのです。
和龍が短くて呼びやすい上に、
字面で見ても何を指して居るのか直ぐ解る優れネームなのは諒解して居りますが、それはそれ!これはこれ!

スポンサーサイト

Dragon's Photo! «  | BLOG TOP |  » Dragon's Photo!

プロフィール

惡い魔法使い。

Author:惡い魔法使い。
  
慘虐で横暴、ケチ、野菜を殘す、
お菓子の食べ過ぎその他諸諸、
惡逆無道を盡す闇の魔法使い。

カテゴリ

はじめに (1)
黒い砂漠 (0)
Dragon's Prophet (342)
Dragon's Prophet紹介 (8)
惡い魔法使いのなりかた (9)
Dragon's Photo! (134)
世界のドラゴンポスト (10)
忠實なる闇の下僕達 (27)
暗黒の儀式と秘術 (7)
旅録 (139)
ゴブリン宣伝部 (8)
餘白 (1)

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。